がん免疫細胞治療について

  • HOME>
  • がん免疫細胞治療について

がん免疫細胞治療

はじめに

—こんな患者さんにおすすめです。—

  • 進行がんの治療でお困りの方
  • がんが再発し治療にお困りの方
  • 身体にやさしい治療をお考えの方
  • 緩和医療をすすめられた方
  • 治療方法がなくお困りの方

当クリニックでは、がんでお困りの方、ご家族のお話をよくうかがい、治療方針を決めていきます。
今日のがん治療では手術、抗がん剤、放射線治療が標準治療となります。
さまざまな臨床治験を経て決められたガイドラインに基づきがんの標準治療が行われています。
しかし、

  • がんの遠隔転移があり手術ができない。
  • ガイドライン上の3次治療まで受けて他に治療法がない。
  • 抗がん剤治療がつらく体力的に続けられない。
  • 年齢を考えると厳しい治療は受けたくない。

といった状況もあるのではないでしょうか。
「もう治療法がありません」といった宣告を受ける方もいらっしゃいます。
長年にわたる日本、アメリカでのがん免疫治療、遺伝子治療の研究実績を生かし、様々ながん治療をご提案いたします。
さらに、先進のゲノム分析に基づき、その患者さんオリジナルのがん遺伝子解析を実施し、その方だけの「カスタムメイド」の免疫治療のご提案も可能です。
また当院のみならず、大学病院などの医療機関とも連携し、最適な治療法を検討いたします。

がん免疫細胞療法とは

がん免疫療法とは

がん免疫療法とは

がんの免疫治療とは、自分の血液から、免疫細胞だけを強化し、培養してその量を増やし、体内にもどしがんを攻撃する治療法です。
免疫治療でがんと闘うには、
(1)どの細胞を使うか:メンバー
(2) どんな方法でその細胞を強化するか:トレーニング方法
(3) 強化した細胞をどのように使うか:戦術
が重要です。

がん治療に重要な細胞について

① 樹状細胞
① 樹状細胞

がん細胞を捕獲し細胞内に取り込みます。(貪食)
そしてがん細胞の弱点(がん抗原)を認識し、がんを攻撃するT細胞に伝えます。

② T細胞

がん攻撃するT細胞は、「細胞障害性T細胞」と呼ばれます。T細胞は樹状細胞からがん細胞の弱点=目印の情報を受け取り、がん細胞を攻撃します。

③ NKT細胞

Natural killer cellと T細胞の
両方の性格をあわせ持つ細胞です。

④ NK細胞

Natural killer 細胞のことで、リンパ球の一種です。
がん細胞にMHC(主要組織適合遺伝子複合体、免疫細胞のスイッチ)
がなくても抗腫瘍効果を発現します。
抗体医薬などと併用すると相乗効果が得られます。

がん免疫治療の利点

  • 標準治療と併用できる
  • 身体にやさしい
  • 遠隔転移の治療も可能
  • 副作用がほぼない
  • 抗がん剤治療と併用で相乗効果

代表

06-4867-1923

がん免疫細胞治療 専用ダイヤル

06-4867-1925